top of page

モーツァルトと楽譜



最近、続けて2人の生徒さんと、モーツァルトの楽譜選びについてお話しする機会があったので、そのことについて少し書いてみます。

結論としては、原典版を使うのが良いということです。原典版とは、作曲家の意図を可能な限り忠実に再現した楽譜です。なぜ原典版を使うのが良いか、その理由の一つにスラーの問題が挙げられます。少し説明してみましょう。

モーツァルトの作品を演奏する際、スラーの切れ目では音を切る必要があります。(具体的な切り方については日頃のレッスンでよくお話ししています。)

しかし楽譜によっては、スラーの記入されている箇所が原典版と大きく食い違っているものがあり、このような楽譜を使って勉強すると、音楽的にまちがった演奏になってしまう恐れがあるのです。

スラーの切れ目は文章における句読点と似ています。私たちは文章を音読するとき、句読点で区切って読みます。そうすることによって、聞いている人にも意味が伝わりやすくなります。ところが、句読点の位置があちこちまちがっていたらどうでしょうか?

例えば「むかしむかしあ。るところにおじい、さんとおばあさ、んがおりましたおじ。いさんは〜」と書かれた絵本があったとして、このとおりに子どもに読み聞かせてみたら、子どもは「変なの!」と言うことでしょう。

音楽も同じです。まちがったところで区切って演奏すると、とても変な曲に聞こえてしまいます。スラーは句読点と同じように大切ですので、正しく書かれている原典版(モーツァルトであればヘンレ版、ベーレンライター版など)のご使用をおすすめします。



閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

レッスン室から

この間、一人の生徒さんがツェルニーの練習曲を持って来ました。熱心に勉強する生徒さんで、仕上げの段階に入っていますが、ミスなく通すことに苦戦していました。家での練習では出来たことがあるというのでよく聞いてみると、練習をひと通り終えて最後に通すと出来るとのことでした。 このような場合に必要なことは、翌日につながるような練習です。練習の最後に通すときに神経を研ぎ澄ませて、自分が演奏している感覚を記憶し、

プログラムを書く

大学と付属高校では、学生たちが実技試験を受けるときに、各々自分の演奏プログラムを書き、レッスン担当教員のチェックを受けて提出することになっています。普段自分の練習している曲を知ってはいても、いざ書くとなると正確に表記することは意外に難しく、試験のたびに練習を重ねていくうちに書けるようになってきます。 作曲家の名前の綴りをまちがえていないか、ソナタの楽章を抜粋する場合、楽章を書き忘れると全楽章を演奏

サマーコンサート

皆さま、お誘い合わせておいでください🎻(東京音楽大学付属音楽教室ホームページよりお申し込みください。)

Comments


bottom of page